コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェレミス語 チェレミスご Cheremis

3件 の用語解説(チェレミス語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チェレミスご【チェレミス語 Cheremis】

ウラル語族のフィン・ウゴル語派に属し,モルドビン語とともにボルガフィン語を構成する。ボルガ川の中流カザン市の北西部で話されていて,言語人口は67万0900(1989),うち約8割が母語としている。この半分がマリ・エル共和国に住む。ロシアではマリ語Mariと呼ばれている。西方の山地方言と北方の牧地方言,それにバシコルトスタン共和国での東方言に分かれる。山地方言には完全な母音調和が見られ,牧地方言にも唇の調和が働いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェレミス語
チェレミスご

マリ語」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェレミス語
ちぇれみすご
Cheremis

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のチェレミス語の言及

【ウラル語族】より

…ウラル語族はまずフィン・ウゴル語派サモエード諸語に大別される。さらにフィン・ウゴル語派は,バルト・フィン諸語Balto‐Finnic(フィンランド語,カレリア語,エストニア語,ボート語ほか)やモルドビン語,チェレミス語(マリ語),ボチャーク語(ウドムルト語),ジリャン語(コミ語)などを含むフィン語派Finnicと,ハンガリー語,ボグル語(マンシ語),オスチャーク語(ハンティ語)などを含むウゴル語派Ugrianに区分される(図)。これら言語の間には基本的語彙に厳密な音韻の対応が見られる。…

【ラムステッド】より

…また学問の研究とともに,1919年以後の10年間は,新たに独立した母国のために活躍し,日本公使(1919‐30)をつとめた。 幼少の時代から種々の言語に関心を覚え,大学卒業後は,語学の教師をしていたが,学問上の労作は,チェレミス語の実地踏査の結果を整理した発表に始まる。その後,おびただしい研究の発表があるが,それらはすべて数次にわたるアジアの諸地方の研究旅行および滞在の成果である。…

※「チェレミス語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チェレミス語の関連キーワードウドムルト語ウラル語族スカンジナビア諸語ボチャーク語マンシ語ラップ語フィンウゴル語派マジャール人フィン・ウゴル語派ボグル語

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone