単複(読み)たんぷく

精選版 日本国語大辞典「単複」の解説

たん‐ぷく【単複】

〘名〙
① 簡単と複雑単純雑。
※文芸上の自然主義(1908)〈島村抱月〉四「も文学でワーヅワース等の自然主義とゾラ等の自然主義とに単複の差ある如く」 〔大方広円覚修多羅了義経略疏‐序〕
② 衣服で、裏をつけない単(ひとえ)と裏をつけた袷(あわせ)。〔音訓新聞字引(1876)〕 〔魏志‐管寧伝〕
単数と複数。
※百学連環(1870‐71頃)〈西周〉一「一致とは譬へば I go, he goes の如く、西洋にては文字の単復あるが故に、その単復に依て一致せざるべからざるなり」
④ テニス、卓球などの試合で、シングルス(単試合)とダブルス(複試合)。
⑤ 植物の花弁で、単弁と重弁。
競馬競輪などで、単勝複勝との併称。
※競馬(1946)〈織田作之助〉「単複二百円の配当」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「単複」の解説

たん‐ぷく【単複】

単純と複雑。「単複さまざまな事情がある」
単数と複数。「単複同形の語尾変化
テニス・卓球などの試合で、シングルスとダブルス。
競馬・競輪などで、単勝と複勝。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android