コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェーラ朝 チェーラちょうCēra

世界大百科事典 第2版の解説

チェーラちょう【チェーラ朝 Cēra】

チョーラ朝,パーンディヤ朝とともに南インドに勢力をもった古代部族制的国家。マラバル沿岸部のケーララ地方が拠点。前3世紀のアショーカ王の磨崖詔勅にはチョーラ,パーンディヤとともにケーララプタとして刻まれている。遺跡の考古学調査によって,紀元前後にかけて南インドの巨石文化の担い手であったと考えられる。また,後1~3世紀に発達したサンガム(シャンガム)文学には部族的結合をもった王国とその抗争が描かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チェーラ朝の関連キーワードイランゴー・アディハルチョーラ朝

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android