コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェーラ朝 チェーラちょう Cēra

1件 の用語解説(チェーラ朝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チェーラちょう【チェーラ朝 Cēra】

チョーラ朝,パーンディヤ朝とともに南インドに勢力をもった古代部族制的国家。マラバル沿岸部のケーララ地方が拠点。前3世紀のアショーカ王の磨崖詔勅にはチョーラ,パーンディヤとともにケーララプタとして刻まれている。遺跡の考古学調査によって,紀元前後にかけて南インドの巨石文化担い手であったと考えられる。また,後1~3世紀に発達したサンガム(シャンガム)文学には部族的結合をもった王国とその抗争が描かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チェーラ朝の関連キーワードインディアン座ウマイヤ朝コンディヤックサーンチーターラインディアンペーパークーパーランディングバーラタナーティヤムキャンディーランド大チョーラ朝寺院群

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone