チエントンナン(黔東南)ミヤオ(苗)族トン(侗)族自治州(読み)チエントンナンミヤオぞくトンぞく(英語表記)Qiandongnan Miaozu Dongzu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チエントンナン(黔東南)ミヤオ(苗)族トン(侗)族〔自治州〕
チエントンナンミヤオぞくトンぞく
Qiandongnan Miaozu Dongzu

中国西南地方,クイチョウ(貴州)省の南東部を占める自治州。行政中心地のあるカイリー(凱里)市ほか 1市 14県からなる。大部分をミヤオリン(苗嶺)山地が占め,東流するチンシュイ(清水)江,ウー水を隔てて北西部にはフォーティン(仏頂)山がある。気候は比較的温和で雨量が多い。主要農作物はイネ,トウモロコシ,コムギ,芋類で,タバコ,チャ(茶),ワタ,アブラナも栽培される。山地は森林が繁茂し,チンピン(錦屏)県とチエンホー(剣河)県の杉材が著名である。またつばき油,桐油,漆を産する。地下資源は鉄,石炭,石膏,水銀,銅,アンチモンがある。工業はカイリー県を中心に農機具,製紙,化学肥料,製材などの工場がある。北部をシヤンチエン(湘黔)鉄道が通る。住民はミヤオ(苗)族トン(侗)族のほか漢族,スイ族,チワン族,プイ族,ヤオ族と多様。人口 367万2584(1990)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android