コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チオナフテン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チオナフテン
ちおなふてん
thionaphthene

環内に硫黄(いおう)をもつ縮合複素環式化合物の一つ。クマロンの酸素原子を硫黄で置き換えた構造をもつ。ベンゾ[b]チオフェンともいう。無色の低融点の固体で、ナフタレンに似たにおいをもつ。水には溶けないが、エーテル、ベンゼンなどの有機溶媒にはよく溶ける。チオフェン環とベンゼン環が縮合した構造をもち、オキシチオナフテンおよびチオインジゴ色素の基本骨格をなしている。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android