コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チオナフテン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チオナフテン

チアナフテン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チオナフテン
ちおなふてん
thionaphthene

環内に硫黄(いおう)をもつ縮合複素環式化合物の一つ。クマロンの酸素原子を硫黄で置き換えた構造をもつ。ベンゾ[b]チオフェンともいう。無色の低融点の固体で、ナフタレンに似たにおいをもつ。水には溶けないが、エーテル、ベンゼンなどの有機溶媒にはよく溶ける。チオフェン環とベンゼン環が縮合した構造をもち、オキシチオナフテンおよびチオインジゴ色素の基本骨格をなしている。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チオナフテンの関連キーワードチオナフテン(データノート)チオナフテンチオインジゴチオフェン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android