コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チカモリ遺跡 チカモリいせき

2件 の用語解説(チカモリ遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チカモリ遺跡
チカモリいせき

石川県金沢市の沖積地にある縄文時代の特殊な遺跡。直径 60cmほどの巨大なクリの木の柱を地中深く埋込み,環状の木列をつくっている。円は真円に近く,木でつくられた円形の木列ということでウッドサークルなどと呼ばれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

チカモリいせき【チカモリ遺跡】


石川県金沢市新保本町にある集落跡。手取川扇状地の末端東辺の沖積地に位置する。縄文時代後期から晩期にかけての大型集落遺跡で、中央部に広場をもつ環状集落と推定される。注目されるのは多量の柱根(柱の根元)で、縦半分に割った柱根約250本、丸柱約45本、そのうち直径80cmを超える柱が4本あった。柱はすべてクリの木で、直径約7mの環状に立て並べた木柱列が発見され、1987年(昭和62)に国の史跡に指定された。出土品には多量の土器、石器、土製品、漆製品や種子類がある。現在は史跡公園として整備され、高さ2mに復元した木柱が環状に立てられ、当時の様子が再現されている。公園横の金沢市埋蔵文化財収蔵庫の1階には、チカモリ遺跡から出土した数多くの木柱根が水槽の中で保存展示されている。北陸自動車道金沢西ICから車で約10分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

チカモリ遺跡の関連キーワード石川県金沢市泉本町石川県金沢市奥新保町石川県金沢市木ノ新保町石川県金沢市新神田石川県金沢市新保本石川県金沢市新保町石川県金沢市戸室新保石川県金沢市額新保石川県金沢市本町石川県金沢市南新保町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チカモリ遺跡の関連情報