コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真脇遺跡 まわきいせき

3件 の用語解説(真脇遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真脇遺跡
まわきいせき

石川県能登町真脇にある,おもに縄文期の遺物よりなる遺跡。能登半島先端の富山湾側に形成された沖積低地に立地する。 1981~83年にかけて調査され,現地表下 4mの堆積土中に縄文時代から中・近世にいたる遺物の包含が確認された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まわきいせき【真脇遺跡】

能登半島の先端に近い石川県鳳至(ふげし)郡能都町真脇にある縄文時代前期から晩期まで継続した大規模な遺跡。南面した真脇湾岸の扇状地に立地し,1982,83の両年にわたって発掘された。現在の水田から約1m下に黒色土の縄文時代晩期の包含層があり,径80cmの巨木を三つ割りした半月形の木柱を環状に配した遺構が2ヵ所検出された。金沢市近森遺跡で検出された同種の遺構に次いで検出されたので,この種の遺構がこの地方に一般的であったと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

まわきいせき【真脇遺跡】


石川県鳳珠(ほうす)郡能登町真脇にある縄文時代の遺跡。富山湾を望む、三方を丘陵に囲まれた小さな入り江の奥の沖積平野に位置している。北陸最大級の縄文時代の遺跡で、1989年(平成1)に国の史跡に指定された。縄文時代の前期から晩期にかけての遺物・遺構が途切れることなく出土しており、住居跡だけでなく巨大な木柱列のようなものも発掘されている。遺物の面からみても、北陸地方縄文土器形式のほとんどが大量に出土しており、彫刻柱といった特殊な木製品も含まれており、イルカ骨をはじめとする動植物遺体が大量に出土するなど、縄文人の生業を知るうえで欠くことのできない重要な資料をも提供している。1991年(平成3)には出土品219点が重要文化財にしていされた。のと鉄道七尾線穴水駅から北鉄奥能登バス「真脇」下車、徒歩約5分。

出典|講談社
国指定史跡ガイドについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

真脇遺跡の関連情報