コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チコモタイン

2件 の用語解説(チコモタインの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

チコモタイン

?-? 16世紀中ごろのアイヌの首長。
天文(てんぶん)20年(1551)蠣崎季広(かきざき-すえひろ)がアイヌ民族と和平協定をむすんだ際のアイヌ側代表のひとり。渡島知内(しりうち)の首長で当時の蝦夷(えぞ)地(北海道)東部の尹(いん)(代表者)に任命された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

チコモタイン

生年:生没年不詳
16世紀中期の蝦夷地東部の首長。康正2(1456)年のコシャマインの戦以来100年間続いたアイヌ民族と和人との戦いに終止符を打った天文19(1550)年の講和体制の東部側の首長代表者。蠣崎季広(信広より4代目)は和人地と蝦夷地の境界を東部は知内以西を蠣崎氏の勢力範囲として,また蠣崎氏を和人商人の唯一の統制者としてアイヌ民族に認めさせようとチコモタインを「東夷の尹」(東蝦夷地第一人者の意)に位置づけた。<参考文献>海保嶺夫『中世の蝦夷地』,松前景広編『新羅之記録』(『新北海道史』7巻)

(海保洋子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チコモタインの関連キーワード蝦夷志蝦夷奉行イコトイ恩荷建部七郎右衛門タナサカシタリコナハシタイン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone