コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チチェンイツァー遺跡 チチェンイツァーいせき

世界の観光地名がわかる事典の解説

チチェンイツァーいせき【チチェンイツァー遺跡】

メキシコのチチェンイツァーにある遺跡。ユカタン半島北部に位置し、保存状態がいいマヤ文明の古代都市遺跡で、「エルカスティーリョ(ククルカンの神殿)」や生けにえの心臓が置かれたチャクモール像がある「戦士の神殿」など、数多くの建造物が残っている。これらより古い時代に建造された「尼僧院」には、マヤで崇拝された雨の神、チャク神の仮面が施されている。ほかに金星の神ククルカンを祀り、太陽、金星、プレアデス星団を観測していた天文台「カラコル」、巨大な「球技場」、大小の神殿建築など、都市の繁栄を示す数々の建造物が見られる。また、都市住民4万人の生活の水を支えていたと思われるセノーテ(聖なる泉)もある。◇「チチェンイツァー」はマヤ語で「泉のほとりのイツァー人」という意味。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android