コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チチュルブクレーター Chicxulub crater

デジタル大辞泉の解説

チチュルブ‐クレーター(Chicxulub crater)

メキシコ、ユカタン半島にある巨大クレーター白亜紀末の6550万年前に、直径10~15キロメートルの小惑星が秒速20キロメートルで衝突した跡とされる。チクシュルーブクレーター
[補説]衝突によりマグニチュード11以上の大地震が起こり、高さ300メートルもの津波が周辺に押し寄せ、大気中に舞い上がった大量の硝酸塩や煤(すす)が長期間にわたって太陽光を遮ったと考えられる。2010年、12か国の研究者からなる国際チームにより、この天体衝突による急激な環境変化が恐竜絶滅の原因となったと結論づけられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

チチュルブクレーターの関連キーワードピークリング

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android