コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チチュルブクレーター チチュルブクレーター Chicxulub crater

1件 の用語解説(チチュルブクレーターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

チチュルブ‐クレーター(Chicxulub crater)

メキシコ、ユカタン半島にある巨大クレーター白亜紀末の6550万年前に、直径10~15キロメートル小惑星が秒速20キロメートルで衝突した跡とされる。チクシュルーブクレーター
[補説]衝突によりマグニチュード11以上の大地震が起こり、高さ300メートルもの津波が周辺に押し寄せ、大気中に舞い上がった大量の硝酸塩や煤(すす)が長期間にわたって太陽光を遮ったと考えられる。2010年、12か国の研究者からなる国際チームにより、この天体衝突による急激な環境変化が恐竜絶滅の原因となったと結論づけられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チチュルブクレーターの関連キーワードBBルータークレーターレーク国立公園ブクレシュチクレータージブクレーンマッシュルームカットシュルーズベリー修道院ベルクシュルントモータースクレーパークレーター型カルデラ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チチュルブクレーターの関連情報