コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チベット音楽 チベットおんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チベット音楽
チベットおんがく

チベットは,同じラマ教の盛んなモンゴルとはラマ教音楽を共有して最も近く,インドの仏教音楽声明 (しょうみょう) の古い形を保存しながら独自の仏教音楽を作り上げた。古い仏教音楽の伝承という点や多くの派に分れた点で日本の声明に似たところがある。民謡や民俗芸能は,東部では中国の影響が強く,中部や西部地方では,ヒマラヤ地方の民俗音楽と類似した点もあり,それぞれ特色をもつ。琵琶,洞簫 (どうしょう) など中国系の楽器のほかに,チベット独特のダムニヤンや,2つの頭骸骨でつくるダマル (でんでん太鼓) や人骨の笛などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チベット音楽の関連キーワードモンゴル音楽

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android