コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞簫 どうしょうdong-xiao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洞簫
どうしょう
dong-xiao

中国,朝鮮の縦笛。指孔は前面5孔,背面1孔。竹管の上端の一部を内側に斜めにそいでエッジとした縦笛で,外側にそぐ日本の尺八とはエッジのつけ方が相違している。長短いろいろあり,短いのは短という。古代 (唐代) では尺八という。日本の古代尺八 (正倉院現存) の先駆である。近世日本の尺八を洞簫と雅称することがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どう‐しょう〔‐セウ〕【洞×簫】

中国の管楽器。尺八より細い竹の管で、長さ55~75センチくらい。上に吹き口があり、前面に5個、背面に1個の指孔がある。日本でも清楽や歌舞伎下座音楽などに用いられる。簫。
一節切(ひとよぎり)雅名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

洞簫【どうしょう】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

どうしょう【洞簫】

中国の竹製縦笛。簫しようの一種で、下端が筒抜けなのでこの名がある。管長約60センチメートル。指孔六(前五・後一)。日本の尺八と同類だが、歌口は管上端の内側をえぐった形である。 ↔ 排簫

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洞簫
どうしょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の洞簫の言及

【簫】より

…中国の縦吹きノンリードの管楽器(イラスト)。指孔付きの1本の竹管からなる洞簫と,長さの異なる竹管を横に並べ,木の枠にはめこんだパンパイプの一種としての排簫の二つのタイプがある。 排簫の各竹管の長さ,配列は時代や用途により異なるが,十二律に合わせることで,管の数は多いもので二十数本,少ないものでも十数本ある。…

【ネイ】より

…また民俗音楽に用いられる短いネイをアラビア語でシャッバーバshabbābaと呼ぶことがある。中国の洞簫((しよう))はもと西域から伝来したといわれるが,今日の西アジアのネイと共通の祖先をもつものと考えられる。【柘植 元一】。…

【笛】より

…オルガンのパイプの主軸であるフルー管もこれと基本的に同じで,機械送風を用いることと,吹込み口も歌口も下部にある点が異なる。 やはり縦型の尺八,洞簫(どうしよう)(),ケーナネイなどの場合は,管の上端が開放されており,気道は設けられていない。気流の諸条件は横笛の場合と同じく,すべて奏者の肉体的制御にゆだねられ,管端が歌口を兼ねる。…

※「洞簫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

洞簫の関連キーワード俣野 真竜(3代目)タンソ(短簫)チベット音楽谷北 無竹谷北無竹野村藤陰中国音楽管楽器一節切慷月調雅楽排簫天吹王褒

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android