コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チムール朝 チムールちょうTimurid; Tīmūr Dynasty

1件 の用語解説(チムール朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チムール朝
チムールちょう
Timurid; Tīmūr Dynasty

中央アジアの封建国家 (1370~1507) 。チムール (帖木児) は,西はカフカズから東はインド北西部にいたる大帝国を建設した。その死後,孫のハリール・シャー (在位 1405~07) が帝位についたが,まもなく廃され,ヘラートにあったチムールの第4子シャー・ルフ (在位 09~47) がサマルカンドを占領し,帝国の支配者となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チムール朝の関連キーワード応安順帝建徳兪良甫高尾山トンネルをめぐる土地収用インクルーシブ教育雄阿寒岳元史建徳正平

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone