コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チムール朝 チムールちょう Timurid; Tīmūr Dynasty

1件 の用語解説(チムール朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チムール朝
チムールちょう
Timurid; Tīmūr Dynasty

中央アジアの封建国家 (1370~1507) 。チムール (帖木児) は,西はカフカズから東はインド北西部にいたる大帝国を建設した。その死後,孫のハリール・シャー (在位 1405~07) が帝位についたが,まもなく廃され,ヘラートにあったチムールの第4子シャー・ルフ (在位 09~47) がサマルカンドを占領し,帝国の支配者となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チムール朝の関連キーワードオシ中央アジアアジアダラーアジアンポップス花剌子模中央アジアの草原にてセントラル・エイジアン・シープドッグカラテペ(中央アジア)中央アジア大暴動《中央アジアの草原にて》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone