コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャウピュー Kyaukpyu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャウピュー
Kyaukpyu

ミャンマー西部,ラカイン州チャウピュー郡の行政中心地。ラカイン州の沖合い,ベンガル湾に浮かぶラムリー島北岸に位置する。16~17世紀頃から石油が採掘され,アラカン国(ムラウー朝。1430~1785)の有力な財源であった。歴史的にインドのベンガルとの結びつきが強い。漁業が盛んで,海産物を移出する。石油の埋蔵が確認されているが,今日まで商業的開発はされていない。人口 1万9456(1983)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チャウピューの関連キーワードアラカン[州]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android