コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャネルロドプシン Channelrhodopsin

デジタル大辞泉の解説

チャネルロドプシン(Channelrhodopsin)

緑藻植物のクラミドモナスなどがもつ色素たんぱく質。分子構造によって2種類に分類される。チャネルロドプシン2は青色の光が当たると外部からナトリウムイオンを取り込む役割を担っている。近年、光遺伝学の研究において、特定の神経細胞を刺激する光スイッチとしての利用が試みられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

チャネルロドプシンの関連キーワード緑藻植物

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android