コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャネルロドプシン Channelrhodopsin

デジタル大辞泉の解説

チャネルロドプシン(Channelrhodopsin)

緑藻植物のクラミドモナスなどがもつ色素たんぱく質。分子構造によって2種類に分類される。チャネルロドプシン2は青色の光が当たると外部からナトリウムイオンを取り込む役割を担っている。近年、光遺伝学の研究において、特定の神経細胞を刺激する光スイッチとしての利用が試みられている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

チャネルロドプシンの関連キーワード緑藻植物

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チャネルロドプシンの関連情報