チャプルテペク宣言(読み)チャプルテペクせんげん

百科事典マイペディアの解説

チャプルテペク宣言【チャプルテペクせんげん】

1945年メキシコの保養地チャプルテペクChapultepecで開かれた米州会議で採択された協定。関係国の独立が侵害される恐れのある場合,相互に救援すると定め,1947年全米相互援助条約で再確認した。地域的集団安全保障取決めの原型とされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android