チャプルテペク宣言(読み)チャプルテペクせんげん

百科事典マイペディア「チャプルテペク宣言」の解説

チャプルテペク宣言【チャプルテペクせんげん】

1945年メキシコの保養地チャプルテペクChapultepecで開かれた米州会議で採択された協定。関係国の独立が侵害される恐れのある場合,相互に救援すると定め,1947年全米相互援助条約で再確認した。地域的集団安全保障取決めの原型とされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android