コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャリティ・スクール charity school

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャリティ・スクール
charity school

ブルーコート学校とも呼ばれる。 17~18世紀のイギリスで,貧民階級の児童に対し,無料で読み,書きおよび宗教的教育,簡易な労働技能を授けた学校。教会に付設され,教区内の寄付金経費にあてた。全国的に設けられて 19世紀の初等教育基盤となり,民衆教育普及に重要な役割を果した。同様の施設は時期を同じくしてアメリカおよびヨーロッパ大陸にも存在したが,この名称はそれほど広くは用いられなかった。日本でも 1872年の学制のなかに慈恵学校の名で規定されたが,実際には普及しなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android