コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャルドランの戦 チャルドランのたたかい

世界大百科事典 第2版の解説

チャルドランのたたかい【チャルドランの戦】

1514年,トルコ東部,ワン湖北東約40kmにあるチャルドランÇaldıran(ペルシア語ではチャールデラーンChālderān)の野で行われたオスマン帝国のセリム1世とサファビー朝のイスマーイール1世との戦い。サファビー朝はシーア派イスラムを国教とし,シーア派イスラム教徒の多数住むアナトリア東部でも政治的・宗教的宣伝活動を展開,そのため同地域では反オスマン帝国の民衆暴動が頻発した。また1512年セリム1世が即位したとき,イスマーイール1世は彼の政敵を援助した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

チャルドランの戦の関連キーワードセリム(1世)セリム[1世]

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android