コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンス選炭法 チャンスせんたんほうchance process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンス選炭法
チャンスせんたんほう
chance process

重液選炭法の一種。水中に細かい清浄な砂を加え,機械的かき混ぜと上昇水の力により砂の沈降を防いで,比重 1.4~1.5の重液をつくり,石炭と岩石の浮沈分離を行う。 1921年アメリカ無煙炭の選別に初めて適用され,その後瀝青炭にも適用されるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報