コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈降 ちんこうsedimentation

翻訳|sedimentation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沈降
ちんこう
sedimentation

均一に分散したコロイド粒子などが,重力や遠心分離作用などによって,ブラウン運動による粒子の拡散作用との均衡が破れて沈殿したり,不均一になること。この現象は粒子と溶媒との界面における濡れやすさと大きな関係がある。有極性の表面をもつ粒子は有極性の溶媒中で濡れやすく,均一分散しやすくなる。逆に無極性の表面をもつ粒子は有極性の溶媒中では粒子を濡らしにくく,沈降が起きやすい。後者の例として河川で運ばれた土砂微粒子が,河口で塩水にあい,沈降して三角州をつくる現象がある。 (→沈降速度 , 沈降平衡 )

沈降
ちんこう
subsidence

陸地が海面に対して相対的に下降する現象。地盤運動の一種で隆起に対する地形用語。地盤運動がなくても,海面が陸地に対して上昇すれば同様の結果を生じる。沈降によって生じた海岸地形を沈降海岸といい,リアス海岸のような複雑な海岸線をもつ場合が多い。陸地が海水の浸入によって海面下に位置するようになることを沈水というが,沈水と沈降とは必ずしも一致しない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちん‐こう〔‐カウ〕【沈降】

[名](スル)
土地などが、沈み下がること。沈下。「地盤が沈降する」
沈んで下にたまること。沈殿。「赤血球の沈降速度」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちんこう【沈降 sedimentation】

大量の液体中に微小粒子を混合してよくかきまぜ,粒子を液体中に均一に分散させたのち,混合液を容器中で静置すると,粒子の密度が液体の密度より大きければ粒子は重力により底に沈み,容器上方には粒子を含まない上澄み液ができてくる。この現象を沈降といい,気体中の粒子や液滴の場合でも同様である。沈降現象を起こす推進力は重力,粒子と液体との密度差,粒子の大きさなどであるが,このほかに遠心力,静電力を受けた粒子が流体中を移動するのも広い意味で沈降と呼ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちんこう【沈降】

( 名 ) スル
しずみさがっていくこと。沈下。 「赤血球-速度」
地殻の一部が相対的に下方へ動くこと。また、へこむこと。 ↔ 隆起

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沈降
ちんこう

地殻あるいは地表面が、周辺地域よりも相対的に下降する運動、または下方にたわむ運動。側方への動きはないか、またはほとんど伴われない。沈降が広い範囲に大規模に生じると、地溝帯や堆積盆地などを形成する。逆に相対的に上昇することを隆起という。[村田明広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の沈降の言及

【地震災害】より

…日本の例では,濃尾地震(1891)における根尾谷断層が特に有名で,垂直方向のずれは6mにも達した。(2)隆起・沈降 上下方向に生じる地盤の変位である。(3)地すべり,山崩れ,崖崩れ,山津波 地盤が徐々に崩れる現象が地すべりである。…

※「沈降」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

沈降の関連キーワードテクトニック・フレームワーク室戸阿南海岸国定公園クラリファイヤースヴェドベリ単位雲仙天草国立公園デルーフィングロポリス的シル陥没型カルデラカッツの公式荷重モールドバルキング重力下降流免疫拡散法沈降濃縮自由沈降沈降定数沈水海岸干渉沈降湿式分級造陸運動

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沈降の関連情報