チャンチー(長治)特別市(読み)チャンチー(英語表記)Changzhi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンチー(長治)〔特別市〕
チャンチー
Changzhi

中国華北地方,シャンシー (山西) 省南東部の鉱工業都市。タイハン (太行) 山脈の西斜面,チュオチャン (濁 漳) 河上流域のルーアン (潞安) 盆地にある。省の直轄市で市区と 11県から成る。埋蔵量 70億tといわれるルーアン炭鉱を中心に発達。良質の粘結炭を産し,タイユワン (太原) 市の鉄鋼コンビナートに送られるほか,市内にも鉄鋼工場が建設された。機械,トラクタ部品,ボールベアリング,自転車,ミシン,綿紡織などの工場もある。ほかに雑穀,石綿,銅器をはじめ,特産のルー (潞) 酒,ニンジンなどを集散。自動車道が四通するほか,ホーナン (河南) 省チヤオツオ (焦作) 市からタイユワン市へいたる。タイチヤオ (太焦) 鉄道が通じる。人口 290万 9219,うち市区人口 55万 2255 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android