チャン-チャン遺跡地帯(読み)チャンチャンいせきちたい

世界遺産詳解の解説

チャンチャンいせきちたい【チャン-チャン遺跡地帯】

1986年に登録されたペルーの世界遺産(文化遺産)で、同国北西部に位置するチムー王国の首都遺跡。チャンは「太陽」の意で、チャン・チャンは「太陽がたくさん昇るところ」を意味する。ここには、日干しレンガ(アドベ)で神殿や、広場などを持った王宮(シウダデーラ)の跡などが残されている。日干しレンガは風化しやすいことなどから、1986年の遺産登録と同時に危機遺産リストにも登録された。◇英名はChan Chan Archaeological Zone

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android