コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャーチル川 チャーチルがわChurchill River

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャーチル川
チャーチルがわ
Churchill River

カナダ,サスカチュワン州西部のラロッシュ湖に源を発し,ハドソン湾に注ぐ川。全長約 1600km。チャーチル湖,ピーターポンド湖,イルアラクロス湖,パインハウス湖,グランビル湖,サザンインディアン湖などの氷河湖をつなぎ,流路は屈曲し,急流が多い。 1685年河口につくられたハドソン湾会社の毛皮交易所フォートチャーチルにちなみ命名された。かつてはウィニペグからマッケンジー川流域への交通路として利用された。現在は各所に水力発電所が設けられ,マニトバ州北部の金属鉱山などに動力を供給している。

チャーチル川
チャーチルがわ
Churchill River

カナダ東部,ニューファンドランド・ラブラドル州ラブラドル地方の主要河川。旧称ハミルトン川。全長 755km。 1965年イギリスのウィンストン・チャーチル元首相に敬意を表して改称。ラブラドル西部の中央台地に源を発し,チャーチル・フォールズ (旧称グランド・フォールズ) でボウドアン峡谷に入る。この滝はハドソン湾会社のジョン・マクリーンが 1839年に発見,高さ 92m。メルビル湖を経て大西洋へ注ぐ。滝や早瀬が多く,包蔵水力はきわめて大きく,1954年上流のメニヘク湖からの流出口にメニヘク水力発電所が建設され,ケベック州の鉄鉱業都市シェファービルに電力供給を始めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チャーチル川の関連キーワードプリンスアルバート国立公園ヌーボーケベックチペワイアン族レーンディア湖ウォラストン湖

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android