コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャーンドリル churn drill

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャーンドリル
churn drill

クランクの回転などを利用してビット自重落下させて穿孔する一種の衝撃式穿孔機。牛乳をつき,攪拌することによりバターをつくることをチャーンといい,そこからこの名がつけられたという。アメリカでは,露天採掘場などで,たとえば 15cm以上もある大孔径の発破孔の穿孔などに使用される。日本の上総 (かずさ) 掘りはこの一種であるが,現在はあまり用いられていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チャーンドリルの関連キーワードボーリング(試錐)衝撃式試錐クランク上総掘り

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android