コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チヤンハン(江漢)平原 チヤンハンへいげんJianghan pingyuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チヤンハン(江漢)平原
チヤンハンへいげん
Jianghan pingyuan

中国中部,チャン (長) 江の中流に広がるリヤンフー (両湖) 平原のうち,中央部から北部のフーペイ (湖北) 省に属する部分。春秋戦国時代には巨大な沼沢地であったが,チャン江とハン (漢) 水の運ぶ土砂で埋積されて形成された。ホン (洪) 湖をはじめ大小の湖沼が散在するが,明代にチャン江北岸に大堤防が築かれたこともあり,南岸のトンティン (洞庭) 湖平原よりも陸地化が進んでいる。長らく氾濫に苦しめられたが,チャン江にチン (荊) 江遊水池,ハン水にトーチヤタイ (杜家台) 遊水池が建設されるなど治水が進んでいる。水稲,ワタを主作物とし,省最大の農業地域である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チヤンハン(江漢)平原の関連キーワードターホンシャン(大洪山)山脈ウーハン(武漢)特別市リヤンフー(両湖)平原チンチョウ(荊州)地区ホワンカン(黄岡)地区シヤオカン(孝感)地区チンメン(荊門)特別市シエンニン(咸寧)地区フーペイ(湖北)省ハン(漢)水

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android