コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊水池 ゆうすいち storage basin

6件 の用語解説(遊水池の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遊水池
ゆうすいち
storage basin

河道に沿って,あるいは河川の合流点付近の低地部で,出水の際に湛水して,自然に洪水調節の役割を果たすもの。遊水池を人工的に調節して洪水調節の効果を高める場合もあり,また利水も兼ねた多目的利用がはかられているものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆうすい‐ち〔イウスイ‐〕【遊水池/遊水地】

洪水時に、河川から水を流入させて一時的に貯留し、流量の調節を行う池・湖沼。また、同様の目的で使う空き地・原野など。
[補説]河川法では第6条の河川区域を定める条文で、「堤外の土地(政令で定めるこれに類する土地及び政令で定める遊水地を含む)」のように「遊水地」の表記を用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

遊水池【ゆうすいち】

洪水の一部を氾濫(はんらん)させ,下流の洪水調節を行う天然の池。また越流堤で遊水池を締め切り改良した人工の貯水池を調節池といい,遊水池より洪水調節効果が大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうすいち【遊水池 retarding basin】

河川の沿岸の低地部で,洪水時にははんらんした河水が流入することにより,下流の洪水のピーク流量を減少させて洪水調節の役割を果たすような土地。遊水地と書くこともある。河川のはんらん地域や自然湖沼をそのまま利用する場合と,河川付近の低湿地に人工的に設ける場合があるが,ダムなどの大がかりな施設によらずに洪水調節を行い,下流における洪水のピーク流量を減ずることができるので,治水上はきわめて有効なものである。日本では,近年土地利用上の観点から,河道に沿った遊水池を締め切ってこれに越流堤を設けることにより,洪水が遊水池内にはんらんを始める時期をずらし,かつ遊水池の容量を効果的に利用して,ピーク流量カットの効率を高めるようにしており,これをとくに調節池と呼んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ゆうすいち【遊水池】

遊水の一部を一時貯留して、流量の調整をはかる、人工または天然の池。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遊水池
ゆうすいち

河川沿いにある湖や湿地、平地または河道内に一時的に洪水時の水を貯留させる人為的に設けられた池。以前は無堤防あるいは霞堤(かすみてい)(不連続に設けられた堤防)によって洪水を河川から遊水池に導いたが、近年は堤防の一部をわざと低くした越流堤(えつりゅうてい)によっている。このように堤防で河道と完全に分けられた遊水池を洪水調節池とよぶ。これに対して、河道の中に本堤からほぼ直角に川の中央に向かって横堤(よこてい)を設けるなどして、河道内で流れを緩めて貯留する場合を河道遊水池という。洪水調節池に貯留した水は、本川が減水するにつれて樋(ひ)門および排水機によって河川へ戻す。
 日本では、利根川(とねがわ)水系の渡良瀬(わたらせ)遊水池(渡良瀬遊水地の表記が多い)がとくに規模が大きく、その容量は小河内(おごうち)ダムの奥多摩湖(東京都)に匹敵する。カンボジアのトンレ・サップ湖はメコン川の天然の遊水池で、雨期になると川水が湖へ逆流し、面積が乾期の3倍にもなる。[榧根 勇]
『渡良瀬遊水池を守る利根川流域住民協議会編『渡良瀬遊水池 その歴史と自然を守るために』(1991・随想舎)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の遊水池の言及

【干拓】より

…一方,湖沼干拓は,湖面,湖岸,沼地を堤防で囲み,内水を排水ポンプにより排除して陸地とする。流域からの集水を地区外に導くため堤外に流入水を集めて排除する水路,すなわち承水路や,洪水を一時的に貯留する遊水池を設ける。また,干拓方式には干拓堤防が直接海に向かって築堤され,その内部を干拓する単式干拓と,湾口をまず堤防で締め切り人造湖をつくって,その内部に内堤をめぐらす複式干拓の2方式がある。…

【洪水】より

…河道の各地点ごとに配分された流量は計画高水流量と称し,それぞれの地点ではこの流量を計画の対象として必要な堤防の高さや川幅などが決められ,それに則して河川の改修が行われる。 洪水は豪雨や融雪によって生ずる自然現象ではあるが,洪水対策として設けられるダムや平野部での遊水池などに一時的に蓄え,その流量を減じて下流へ流すなど,人為的にその形態を変更させることができる。明治中期以降,日本の重要河川で行われてきた堤防の連続化による徹底した河川改修工事によって,洪水流はそれ以前より早く河道内に集中的に流入して,河口に到達する時間が短縮化されるとともに,中・下流部では,同程度の豪雨に対しても洪水流量が大きくなるという結果をもたらした。…

※「遊水池」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

遊水池の関連キーワード霞堤洪水自然堤防貯水池堤防氾濫原洪水予報河川敷内水氾濫氾濫

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遊水池の関連情報