コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホン ホン

8件 の用語解説(ホンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホン
ホン

騒音レベルの単位。単位記号は日本ではホン。フォンとは異なる。国際的にはデシベル (dB) が使われている。ホンの定義は標準音 ( 1kHz の正弦的な平面進行音波) の強さ I (単位 W/m2 ) と最小可聴音の強さ I0=10-12W/m2 とから,10 log 10(I/I0) によって標準音の強さのレベルを n ホンと決め,このレベルと等しい大きさの騒音も n ホンとする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ホン

音の大きさ、特に、騒音の大きさの単位。人間の耳で聞きうる最小限の音を零ホンとし、最大可聴音を130ホンとする。→フォン
[補説]計量法の改正により、平成9年(1997)以降、騒音の単位は国際単位系デシベルに統一された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ホン

人に感じる音の大きさの単位で以下の二つがある。(1)感覚量としての音の大きさのレベル単位。音は物理的な音圧が等しくても周波数により聞こえ方(音の大きさ)が異なる。
→関連項目騒音

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ホン

音の大きさの単位。日本で使われるホンという単位には,以下の二つの意味がある。(1)音の大きさのレベルの単位。英語でphon。音の大きさは感覚量で,物理的に音圧が等しくても周波数が異なると,感覚としての音の大きさは異なる。そこで1000Hzにおける人間の最小可聴値である音圧20μPaを基準にとり,これを0dBとし,それ以上の音圧はdB尺度で表した数値にホンを付けて表示する。20μPaで0ホン,200μPaで20ホンとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ホン【phon】

音の大きさを表す単位。その音と同じ大きさに聞こえる1000ヘルツの純音の音圧をデシベルで表したもの。人の会話は六〇ホンくらいといわれる。フォン。ホーン。 → デシベル

ホン【Hong】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典の解説

ホン【phon】

音の大きさの単位。記号は「phon」。振動数1キロヘルツの音圧の音量レベルと同じ大きさに聞こえる音を、デシベルと同じ数値で表したもの。現在は、デシベルに統一されている。普通の人が1キロヘルツで音圧80デシベルの音を聞いたときの大きさの感じを80phonとする。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホン
ほん
phon

騒音レベルの単位。1993年(平成5)の計量法の改正により、現在ではデシベルdecibel(dB)が使用されている。旧計量法では「標準音波(1000ヘルツの正弦音波をいう)については、音圧実効値(大気中における圧力の瞬時値と静圧との差の2乗の一周期平均の平方根の値をいう)が10万分の2ニュートン平方メートルである場合を0ホンとする常用対数尺度で表される騒音レベルをいう」と定義し、標準音波以外の音波の騒音レベルは通商産業省(現、経済産業省)令で定めるとしていた。
 日常経験される騒音は数キロヘルツから十数キロヘルツの雑多な周波数成分の混じるものである。人間の耳は2ないし4キロヘルツ程度の周波数成分に敏感で、また100キロヘルツ以上になると急に感度が鈍くなる。そこで、騒音の大きさを感覚量に近似させる計器として、音圧レベルに聴感補正回路を組み込んだ騒音計がつくられ、国際規格もJIS(ジス)(日本工業規格)も設けられている。音圧レベルのホンは法定計量単位から削除されている。なおこの「ホン」と感覚的な音量の単位「フォン」(スペルは両方phon)は混同されやすいが、両者は異なる単位である。「フォン」の詳細については項目「音」の「聴覚と音の大きさ」の章を参照されたい。[小泉袈裟勝・今井秀孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホンの関連キーワードシセロTB船舶トン数電流ブッシェルSWUポイント活字ハートリーの単位系生産波及の大きさヤード・ポンド法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホンの関連情報