コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュウル(朱乙) チュウルChuǔl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュウル(朱乙)
チュウル
Chuǔl

北朝鮮北東部,チョンジン (清津) 市の南東部にある温泉町。市の中心市街地から南西 35km,チュウル川の北岸にある。ラジウム含有の単純泉で,泉温は 58℃。周辺の風光もよく,勤労者用の保養施設がある。石炭と陶土埋蔵があり,カオリン土をキョンソン (鏡城) から供給されて陶磁器の生産が盛ん。「チュウル」は古朝鮮語で「温泉」の意。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android