コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュキタンタ遺跡 チュキタンタいせきChuquitanta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュキタンタ遺跡
チュキタンタいせき
Chuquitanta

パライソ遺跡ともいう。ペルー中部海岸にある無土器農耕時代 (前 2500~2000) の神殿遺跡。 700m× 900mの神域に,巨大な基壇をもつ神殿や広場,大小の部屋が一群となって存在している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

チュキタンタ‐いせき〔‐ヰセキ〕【チュキタンタ遺跡】

Chuquitanta》ペルー中部にある遺跡。首都リマの北方、チヨン川沿いに位置する。紀元前1900年から紀元前1700年頃のものとされ、巨大な基壇をもつ神殿や広場の遺構がある。太平洋岸に点在する同時期の遺跡の中では最も大きい。エルパライソ遺跡パライソ遺跡

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android