コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュキタンタ遺跡 チュキタンタいせき Chuquitanta

2件 の用語解説(チュキタンタ遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュキタンタ遺跡
チュキタンタいせき
Chuquitanta

パライソ遺跡ともいう。ペルー中部海岸にある無土器農耕時代 (前 2500~2000) の神殿遺跡。 700m× 900mの神域に,巨大な基壇をもつ神殿や広場,大小の部屋が一群となって存在している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

チュキタンタ‐いせき〔‐ヰセキ〕【チュキタンタ遺跡】

Chuquitanta》ペルー中部にある遺跡。首都リマの北方、チヨン川沿いに位置する。紀元前1900年から前1700年頃のものとされ、巨大な基壇をもつ神殿や広場の遺構がある。太平洋岸に点在する同時期の遺跡の中では最も大きい。エルパライソ遺跡パライソ遺跡

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チュキタンタ遺跡の関連キーワードウーレチャンカイ文化パラセールチャビンデワンタルパライゾパライーバペルー海溝ソフトドライソーセージMRTAとペルー農村部パラカス