神域(読み)シンイキ

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐いき ‥ヰキ【神域】

〘名〙
① 神仏のいる所。幽冥界。〔班固‐幽通賦〕
神社の区域内。境内(けいだい)
※江戸から東京へ(1924)〈矢田挿雲〉一一「半俗半僧の風装(なり)が累を為して折角の伊勢参宮も五十鈴川以内の神域(シンヰキ)に踏み入ることを許されなかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神域の関連情報