チュキタンタ(読み)ちゅきたんた(英語表記)Chuquitanta

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チュキタンタ
ちゅきたんた
Chuquitanta

ペルーの首都リマ北方チヨン川流域にある初期農耕期の遺跡。別名エル・パライーソEl Paraso。古い相は紀元前1900~前1700年ごろのものだが、新しい相は前1500年ごろに至る。面積は約60ヘクタールあり、同じ期の建物のなかではもっとも大きい。建物は、粘土の中に埋め込まれた粗石でつくられ、基壇および壁に囲まれた方形の部屋よりなる。発掘者のフレデリク・アンジェルFrdric Engelは先土器期末期の神殿と考えたが、公共用目的のためにつくられた世俗の建造物とする見方もある。同時代の同類の建物はすべて海岸近くにあるが、チュキタンタだけは内陸2キロメートルの地点にある点が注目される。[増田義郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android