チュニス大聖堂(読み)チュニスダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

チュニス‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【チュニス大聖堂】

Cathédrale de Tunis》チュニジアの首都チュニスの新市街にあるローマカトリックの大聖堂。ハビブブルギバ通りの西端に位置し、独立広場に隣接する。フランス植民地時代の19世紀末に建造。17世紀フランスの司祭バンサン=ド=ポールを祭る。ゴシック様式、ネオビザンチン様式、およびアラブ風の建築様式が混在する。バンサン‐ド‐ポール大聖堂。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android