チューブラー・ベル(チューブ・ベル、ベル)[tubular bells](読み)チューブラーベル

音楽用語ダスの解説

チューブラー・ベル(チューブ・ベル、ベル)[tubular bells]

長い金属チューブ)をに半音階差で並べたもの。黒鍵に相当する音程のチューブは後列の上に突き出して配置してある。楽器の高さは1.8メートル程。音程によってチューブの長さは異なる。チューブの上端は閉じてあり、下端は開放されている。西洋教会のの音をシミュレートした楽器で、非常に澄んだ余韻の長い音色を持つ。演奏は木槌の上端の側面を叩き、余韻の調節ダンパーペダルで行う。音域はC3からF4だが、倍音が多くオクターブ上、または別の音程にも聞こえる。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android