コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョッパー・ベース[slapping] チョッパーベース

1件 の用語解説(チョッパー・ベース[slapping]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

チョッパー・ベース[slapping]

主に親指と人差し指を使用した、エレクトリックベースの特殊奏法のひとつ。右手をヒッチハイクをする時のような形にし、親指でうちわを扇ぐように弦を強く叩き、人差し指で弦を引っ張るようにはじいて、その組み合わせでパーカッシブなサウンドをだす。どちらも弾いた後に弦がフィンガーボードに当たる音を含んでいるため、瞬間的にアタックの利いたサウンドが得られる。この奏法は、ファンクソウルを始め、フュージョンなど幅広いジャンルで使用されるが、最初はラリーグラハムが広めた奏法だ。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チョッパー・ベース[slapping]の関連キーワード双鉤単鉤人差指ピンチアウトピンチインオーバーラッピンググリップ裏拳4本がけ平拳アウトトリガー

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone