コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョッパー・ベース[slapping] チョッパーベース

音楽用語ダスの解説

チョッパー・ベース[slapping]

主に親指と人差し指を使用した、エレクトリック・ベースの特殊奏法のひとつ。右手をヒッチハイクをする時のような形にし、親指でうちわを扇ぐようにを強く叩き、人差し指で弦を引っ張るようにはじいて、その組み合わせでパーカッシブサウンドをだす。どちらも弾いた後に弦がフィンガー・ボードに当たる音を含んでいるため、瞬間的にアタックの利いたサウンドが得られる。この奏法は、ファンクやソウルを始め、フュージョンなど幅広いジャンルで使用されるが、最初はラリー・グラハムが広めた奏法だ。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

チョッパー・ベース[slapping]の関連キーワードオルタネート・ピッキング[alternate picking]スライ&ザ・ファミリー・ストーンピッキング[picking]サンキュー

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android