コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョッパー・ベース[slapping] チョッパーベース

音楽用語ダスの解説

チョッパー・ベース[slapping]

主に親指と人差し指を使用した、エレクトリックベースの特殊奏法のひとつ。右手をヒッチハイクをする時のような形にし、親指でうちわを扇ぐように弦を強く叩き、人差し指で弦を引っ張るようにはじいて、その組み合わせでパーカッシブなサウンドをだす。どちらも弾いた後に弦がフィンガーボードに当たる音を含んでいるため、瞬間的にアタックの利いたサウンドが得られる。この奏法は、ファンクソウルを始め、フュージョンなど幅広いジャンルで使用されるが、最初はラリーグラハムが広めた奏法だ。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて | 情報