コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョッパー・ベース[slapping] チョッパーベース

音楽用語ダスの解説

チョッパー・ベース[slapping]

主に親指と人差し指を使用した、エレクトリック・ベースの特殊奏法のひとつ。右手をヒッチハイクをする時のような形にし、親指でうちわを扇ぐようにを強く叩き、人差し指で弦を引っ張るようにはじいて、その組み合わせでパーカッシブサウンドをだす。どちらも弾いた後に弦がフィンガー・ボードに当たる音を含んでいるため、瞬間的にアタックの利いたサウンドが得られる。この奏法は、ファンクやソウルを始め、フュージョンなど幅広いジャンルで使用されるが、最初はラリー・グラハムが広めた奏法だ。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android