コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョンウプ(井邑)郡 チョンウプChǒngǔp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョンウプ(井邑)〔郡〕
チョンウプ
Chǒngǔp

韓国,チョルラプク (全羅北) 道の南西部にある郡。郡庁所在地はチョンジュ (井州) 市。南東部はノリョン (蘆嶺) 山脈,北西部はホナム (湖南) 平野の一部である。中央をトンジン (東津) 江が流れるが,山間のソムジン (蟾津) 江ダムから水を受入れて発電と灌漑に利用されている。米,オオムギ,サツマイモが栽培される。食品加工と繊維工業が盛んである。石灰石が採掘されている。南東境のネザン (内蔵) 山 (722m) はカエデとカヤの紅葉で知られ,滝や内蔵寺,白羊寺の古刹もある。面積 695km2。人口 18万 5323 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android