コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チリワイン チリワイン

飲み物がわかる辞典の解説

チリワイン


チリ産のワインの総称。ワインの輸出額は、フランス、イタリア、スペイン、オーストラリアに次いで世界第5位(FAO統計2008年)。南北に細長い国土のなかで、砂れき質土壌で昼夜の寒暖差が大きい中央部がぶどう栽培に適しており、マイポ・バレー、ラペル・バレーなどが主産地となっている。生産量は赤ワインのほうが多く、代表的な栽培ぶどう品種はカベルネソービニヨン、シラー、メルロカルメネールなど。カルメネールは、19世紀半ばにフランスからチリに導入され、フランスではフィロキセラという害虫により壊滅状態となった後もこの地に根付いた赤ワイン用の品種。チリでは長期にわたり外観の似たメルロ種と混同されていたが、1990年代に別品種として本種の存在が確認されたもので、ブレンド用のほか単独で品種名ワインもつくられるようになり、チリワインの個性の一角を担う品種となった。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チリワインの関連情報