コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チングア岩 チングアがんtinguaite

岩石学辞典の解説

チングア岩

中粒のネフェリン閃長岩をネフェリン微閃長岩(nepheline micro-syenite)といい,チングア岩ともいう[Rosenbusch : 1887].岩脈として産し,斑状のものがあり,エジル輝石響岩の組成をもっている.主にアルカリ長石,ネフェリン,エジル輝石またはエジリンオージャイト,ときに黒雲母からなる.チングア岩にはエジル輝石が含まれていることが響岩と異なっている.細粒の針状の輝石の十字の配列と,長石とネフェリンの粒状の集合が特徴である.ブラジル,リオデジャネイロのシエラ・デ・チングア(Serra de Tingua)の地名に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

チングア岩の関連キーワードリューサイトチングア岩ソーダライトチングア岩カッツェンブッケル岩セルブスベルク岩灰霞石チングア岩方沸石チングア岩ゼルベルヒ岩ウルリッヒ岩ムニオング岩

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android