コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

響岩 きょうがんphonolite

翻訳|phonolite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

響岩
きょうがん
phonolite

化学組成のうえで,霞石閃長岩に対応する火山岩フォノライトともいう。斑状をなし暗緑ないし暗灰色で,有色鉱物は少い。細粒の粗面岩状ないしガラス質の石基中に,ソーダ正長石,玻璃長石霞石などの斑晶を有する。有色鉱物エジリン輝石,アルカリ角閃石など。薄い板状に割れやすく,その板をたたくとよい音がすることから命名された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

岩石学辞典の解説

響岩

この岩石はドイツではKlingsteinと呼ばれ,ハンマーで叩くと音が出る岩石であることをウェルナーが記載した[Werner : 1787].その後phonoliteと命名された[Klaproth : 1801].ギリシャ語のphoneは音の意味.響岩はネフェリンを含む細粒の非顕晶質の岩石で,サニディンまたはアノーソクレイスが石基に含まれており,ときに斑晶にもなる.ネフェリン(他の准長石類も含む)は石基に多く,しばしば斑晶にもなる.アルカリ輝石(エジル輝石),アルカリ角閃石(バーケヴィ閃石,カトフォル閃石,アルベゾン閃石,リーベック閃石)も含まれる.一般にソーダライト族の鉱物が含まれる.化学組成はネフェリン閃長岩に相当する火山岩である.クリンクストン(clinkstone)[Cotta : 1862].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうがん【響岩】

火山岩の一。ナトリウム・カリウムに富み、霞石などの鉱物を含む暗緑灰色の緻密な岩石。フォノライト。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

響岩
きょうがん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の響岩の言及

【フォノライト】より

…準長石族の斑晶を含むフェルシックなアルカリ岩の名称。響岩(きようがん)ともいう。斑晶鉱物としてアルカリ長石,ネフェリン,アルカリ角セン石,エジリンオージャイト,エジリン,時にアウイン,リューサイト,ソーダライト,ノゼアン,カンラン石,黒雲母を含む。…

※「響岩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

響岩の関連キーワードアルカリ橄欖石玄武岩系列フォノリトイドテフル岩海洋島アルカリ玄武岩ノゼアン白榴石響岩リューコスティンリューコスタイトマリエンベルク岩サブフォノライトオルニソフサルムリューサイト斑岩ピュレ・パフェフォノリトイドクリンガルド岩海洋島玄武岩ブレアモア岩ゼルベルヒ岩ラタイト響岩白榴粗面岩リーデン岩玻璃長石岩

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

響岩の関連情報