コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツィーグラー Karl Ziegler

大辞林 第三版の解説

ツィーグラー【Karl Ziegler】

1898~1973) ドイツの化学者。1955年、常温・二~五気圧でのエチレン重合触媒(ツィーグラー触媒)を開発し、低圧ポリエチレン合成の工業化への道をひらいた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ツィーグラー

生年月日:1881年4月30日
ドイツの哲学者
1958年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ツィーグラーの関連キーワードツィーグラー(Karl Ziegler)ナッタ(Giulio Natta)エチレン(脂肪族不飽和化合物)ツィーグラー‐ナッタ触媒エチレン・プロピレンゴムトリエチルアルミニウムチーグラー‐ナッタ触媒カール ツィーグラーK. チーグラー有機金属化合物ポリプロピレンイソプレンゴムポリイソプレンブタジエンゴム立体規則性重合11月26日有機金属触媒プラスチックイソプレン演劇博物館

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android