コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チーグラー チーグラーZiegler, Karl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チーグラー
Ziegler, Karl

[生]1898.11.26. ヘルサ
[没]1973.8.12. ミュールハイム
ドイツの有機化学者。 1923年マールブルク大学で学位取得後,ハイデルベルク大学,ハレ大学を経て,カイザー・ウィルヘルム研究所の石炭研究所所長 (1943) 。環状炭素化合物の合成,有機リチウムをはじめ有機金属化合物の合成法,それを触媒とした低圧エチレン重合法の研究 (チーグラー触媒 ) など,高分子工業発展の理論的基礎を築いた。 63年 G.ナッタとともにノーベル化学賞受賞。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

チーグラー

ドイツの有機化学者。マールブルク大学に学び,1943年カイザー・ウィルヘルム石炭研究所長。有機金属化合物の研究を行い,1953年トリエチルアルミニウムと四塩化チタンを用いて常温常圧下でのエチレン重合に成功。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チーグラー【Karl Ziegler】

1898‐1973
ドイツの有機化学者。ツィーグラーとも呼ばれる。チーグラー触媒と呼ばれるエチレン等の低圧での重合触媒を開発し,高分子工業の発展に大きな貢献をした。この業績により,1963年,ナッタGiulio Natta(1903‐79)とともにノーベル化学賞を受けた。マールブルク大学を卒業後,同大学,フランクフルト大学,ハイデルベルク大学で講師を務め,1936年ハレ大学教授に就任した。43年から63年までカイザー・ウィルヘルム(その後マックス・プランクと改称)石炭研究所の所長を務めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チーグラー
ちーぐらー

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のチーグラーの言及

【触媒】より

…エチレンから酸化エチレンをつくる銀触媒,プロピレンをアンモニアとともに酸化してアクリロニトリルを得るソハイオ法や,種々の選択酸化反応に使われるモリブデン‐ビスマス‐アンチモン‐鉄などの複合酸化物触媒,液相でp‐キシレンから臭化物を助触媒にテレフタル酸を合成する酢酸コバルト触媒など,枚挙にいとまがない。 ところで,第2次大戦後の最も画期的な触媒開発と考えられるのは,K.チーグラーとナッタGuilio Natta(1903‐79)による,立体規則的オレフィン重合反応であろう。これにより立体規則性ポリプロピレンがつくられ,広い用途に使われるようになった(〈チーグラー触媒〉の項参照)。…

※「チーグラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チーグラーの関連キーワードツィーグラー(Karl Ziegler)エチレン・プロピレンゴムエチレン・プロピレンゴムラウリルアルコールオクチルアルコールイソプレンゴムブタジエンゴムポリプロピレン高級アルコール脂環式化合物G. ナッタポリエチレン配位化合物配位重合合成ゴム

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android