コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリエチレン ポリエチレン polyethylene

翻訳|polyethylene

7件 の用語解説(ポリエチレンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポリエチレン
ポリエチレン
polyethylene

エチレンの重合によって得られる合成樹脂。比較的安価に製造されるため,最も広く使用されている合成樹脂の一つで,石油化学工業の中心製品である。触媒の違いにより高圧法,中圧法,低圧法などの製法があり,それぞれ製品の性質が異なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ポリエチレン(polyethylene)

エチレン付加重合によって得られる高分子化合物。代表的な熱可塑性樹脂で、半透明の可燃性の固体。燃やすと溶けてぽたぽたと落ちる。袋・容器などに多用。PE。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ポリエチレン

エチレンを重合させて得られる熱可塑性樹脂で最初のプラスチック。製法には高圧法,低圧法,中圧法がある。高圧法は1933年に英国ICI社のアルカリ部門で開発されたもので,酸素を触媒として1000〜2000気圧,200〜300℃で重合させる。
→関連項目エチレン合成繊維生分解性プラスチックフッ(弗)素樹脂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ポリエチレン

 エチレンの重合体で,多くの製品に使われている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ポリエチレン【polyethylene】

エチレンCH2=CH2を重合して得られる高分子の総称。低重合度のものは古くからワックスとして利用されていたが,高重合度,結晶性のものが得られるようになって成形品として用途が大きく広がった。乳白色,半透明の熱可塑性樹脂であるが,その得られる特性によって,柔らかい低密度ポリエチレンlow density polyethylene(略号LDPE)と,硬くて強靱(きようじん)な高密度ポリエチレンhigh density polyethylene(略号HDPE)とに分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ポリエチレン【polyethylene】

エチレンの付加重合により得られる高分子化合物の総称。無色半透明の可燃性物質。耐薬品性・電気絶縁性・防湿性・耐寒性・加工性が高く、絶縁材料・容器・パッキングなどに用いられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポリエチレン
ぽりえちれん
polyethylene

本来はエチレンCH2=CH2の重合体(ポリマー)すべてをさすが、現在ではプラスチックなどに用いられる高重合体のみをいう。ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、ポリスチレンとともに、四大プラスチックの一つ。PEと略称される。エチレンは天然ガスや石油のクラッキング(重質石油を分解して沸点の低い軽質石油を製造すること)で得ている。エチレンの重合方法によって性質の異なったポリエチレンになる。普通は密度の値で区別しているが、重合法の発明者の名前や、方法の特徴などでよばれることもある。[垣内 弘]

分類と製法

一般に3種類に分類される。日本工業規格(JIS(ジス))では、低密度(LDPE=Low Density Polyethylene)および中密度品は軟質で、高密度品(HDPE=High Density Polyethylene)は硬質としている。[垣内 弘]
低密度ポリエチレン
エチレンにごく少量の酸素を触媒として加え、1000ないし2000気圧の高圧、100~300℃の温度で重合させるので、高圧法ポリエチレンともいわれる。この製法はイギリスのICI社が開発した方法(1939)で、ICI法ともいわれる。さらに超高圧法(7000気圧)がアメリカのデュポン社で開発されている。日本ではICI法とその改良法が主流で、2002年度(平成14)に約179万トン生産されている。[垣内 弘]
中密度ポリエチレン
過酸化ベンゾイルを開始剤として約500気圧、115~120℃で重合させるドイツのBASF社の方法が有名である。高密度のものと低密度のものとをブレンドする方法もある。[垣内 弘]
高密度ポリエチレン
特殊な有機金属触媒(ツィーグラー‐ナッタ触媒)を用い、常圧ないし10気圧程度、60~80℃で重合させる。低圧法といわれている。またアメリカのフィリップス社では30~40気圧、100~170℃でクロミア‐アルミナ系触媒を用いる中圧法、モリブデン酸‐アルミナ系触媒を用いるスタンダード社法という中圧法などが開発されている。日本でも二、三の化学会社で生産されている。HDPEの生産量は2002年度で約118万トンである。[垣内 弘]
製造プロセスの発展
各種のポリエチレン製造プロセスを述べたが、1997年ごろから以下のような新しいプロセスの発展がみられる。
(1)低密度ポリエチレンをつくる高圧法プロセスは、反応時間が短いことが特徴で、20~120秒である。しかし高圧設備のため設備費や運転コストが高く、中低圧法の直鎖状低密度ポリエチレン(LLDPE)を製造する転換プロセスに置きかわっている。
(2)高密度ポリエチレンの製造法として、中低圧法のスラリー重合が成熟してきた。スラリー重合は、重合体の融点以下で、重合体が融解しないスラリー(非溶解性固体を細分化して液体に分散させた懸濁液)の状態で重合を行う方法である。触媒としてツィーグラー系かクロム系フィリップス触媒が使われている。
(3)溶液重合は単量体(モノマー)を溶媒に溶かして重合する方法であるが、エチレンにほかの単量体を共重合(2種類あるいはそれ以上の単量体を用いて行う重合)させるのに有効な方法で、超低密度ポリエチレン(ULDPE)製造のプロセスでもある。反応終了後の溶媒の回収に多量のエネルギーを必要とする。
(4)各種密度のポリエチレンをつくる中低圧法の気相重合(気体状態の単量体中で進行する重合)が開発されている。反応時間が長く反応率が低いが、高密度から低密度までの各種グレードのポリエチレン製造法として注目されている。ツィーグラー‐ナッタ触媒の高活性化触媒としてメタロセン触媒がある。1980年ハンブルグ大学の教授ワルター・カミンスキーWalter Kaminskyにより発見されたジルコノセンジクロリドに代表されるメタロセン化合物にメチルアルモキサンを助触媒とする触媒系で、有機溶媒に可溶で重合活性が高く、従来の方法に比べて分子量分布が狭く、その他の物性面についても優れたポリエチレンを与える。[垣内 弘]

性質

ポリエチレンは、分子量の大小や重合方法によって分子構造が異なり、そのために性質が異なる。分子量は数千から数十万のものがあり、とくに超高圧法では100万以上の分子量をもっている。さらに低密度ポリエチレンの分子は直鎖状でなく、ところどころ分岐している。規則的な配列をしていないため結晶化しにくいので軟らかい。高密度ポリエチレンはだいたい整然とした直鎖状をしているので結晶部分が多く、硬質になる。各鎖の末端はメチル基-CH3であるから、分子中のメチル基の数によって分岐の程度がわかる。高密度のものは低密度のものに比べて軟化温度が30℃も高く、機械的強度も大きい。しかしフィルムにしたりチューブに押し出す加工の容易さ、フィルムのしなやかさ、透明性などは低密度のほうが優れているので、用途に応じて選択される。
 ポリエチレンの一般的性質としては、乳白色半透明で水より軽く、燃焼するとパラフィンと同様でぽたぽた落ちていく。耐水性、電気絶縁性、耐酸・耐アルカリ性に優れている。熱安定性もよく成形しやすい。欠点としては、軟化点が低いことと、化学的に不活性のため直接に印刷したり、接着させることがむずかしい、などである。接着のかわりには溶着法を用いる。これには、加熱→溶融/冷却→固化という熱可塑性樹脂の性質を利用した熱溶着法がある。熱板を直接プラスチックに接触させる熱板溶着法、振動を加えその摩擦熱で溶融・接合させる振動溶着法などである。[垣内 弘]

用途

もっとも生産量の多いプラスチックであり、その生産量は日本国内では2002年で約318万トンに達している。用途はフィルム、シート、瓶、タンクなどの中空容器、パイプ、電線被覆として海底電線ケーブルや電話架線、ラジオ、テレビ、レーダーなどの高周波絶縁材料、合成繊維など多方面にわたっている。[垣内 弘]
『工業調査会編・刊『プラスチック技術全書8 ポリエチレン樹脂』(1970) ▽辻川浩雄ほか著『工業化プロセス』(1987・日刊工業新聞社) ▽高分子学会編『共重合3 工学解析』(1987・培風館) ▽功刀利夫ほか著『高強度・高弾性率繊維』(1988・共立出版) ▽R. J. Ehrig編著、プラスチックリサイクリング研究会訳『プラスチックリサイクリング――回収から再生まで』(1993・工業調査会) ▽松本喜代一著『フィルムをつくる』(1993・共立出版) ▽日本化学会編、今井淑夫・岩田薫著『高分子構造材料の化学』(1998・朝倉書店) ▽小松公栄ほか著『メタロセン触媒でつくる新ポリマー――新製品の開発・生産性の向上』(1999・工業調査会) ▽曽我和雄編『メタロセン触媒と次世代ポリマーの展望』(2001・シーエムシー) ▽松浦一雄・三上尚孝編著『ポリエチレン技術読本――触媒・製造プロセスの進歩と材料革新』(2001・工業調査会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のポリエチレンの言及

【エチレン】より

…また硫酸の存在下で水の付加反応によりエチルアルコールを生ずる。さらに,ある種の触媒の存在下で重合してポリエチレンをつくる。これらの化学反応については用途のところで述べる。…

【化学工業】より

…アメリカでは,当初石炭系の原料から出発したものでも,つぎつぎに石油系原料へと転換が進んでいった。 この時期に各国で工業化された高分子化合物には,ポリスチレン(1930工業化),合成ゴム(1932),メタクリル樹脂(1936),塩化ビニル樹脂(1938),ナイロン,高圧法ポリエチレン(ともに1939),ケイ素樹脂(シリコーン。1944),フッ素樹脂(1950)などがある。…

【化学繊維】より

…化学繊維の微細構造は,高分子鎖が規則正しく配列した結晶性の部分と,配列していない非晶性の部分から成る。高分子は,その構造によって,たとえばポリエチレンのように結晶性部分を多くもつものがある。繊維の強さを上げるには結晶性の部分を多くしたり,高分子鎖の配列を増加させる必要があり,そのため紡糸したばかりの繊維を約4倍に室温で延伸(冷延伸cold‐drawing)する。…

【巨大分子】より

…黒鉛C,水晶(二酸化ケイ素SiO2),炭化ケイ素SiC,窒化ホウ素BNもその構成原子が共有結合した巨大分子である。数百から数万の炭素原子が鎖状に結合してできた炭化水素であるポリエチレンも巨大分子に分類されるが,繊維やゴムなどとともに高分子化合物と呼ばれている。分子の定義を拡張して,ナトリウムイオンと塩化物イオンが多数イオン結合で結ばれた塩化ナトリウム(食塩)結晶や,分子が水素結合によってでき上がっている氷も巨大分子と呼んでいる。…

【石油化学工業】より

…ドイツの研究は石炭を直接の原料とするものが多かったが,その多くは石油への応用が可能なものであった。1920年代に幕があいた石油化学工業は,30年代に入って,ナイロンと低密度ポリエチレンという,合成繊維とプラスチックを代表する製品が開発されたことにより,本格的な発展への足掛りをつかんだ。ナイロンは,38年デュポン・ド・ヌムール社(以下デュポン社)のW.H.カロザーズが発明したものだが,その開発は,爆薬の生産により第1次大戦中に急成長を遂げたデュポン社が,新たな発展の場を求めて豊富な資金を有機合成化学の基礎研究に注いだことによって成功したといえる。…

【橋かけ(橋架け)】より

…このような結合を橋架け結合あるいは架橋結合という。ポリエチレン,ポリ塩化ビニル,ナイロンなどの線状高分子には,加熱すると軟化,流動化し,冷却すると再び硬化する性質があり,溶媒にも比較的溶けやすい。一方,橋架けにより高度に三次元網目構造を形成したフェノール樹脂や尿素樹脂などは,加熱しても流動化せず,溶媒に対しても不溶となる。…

※「ポリエチレン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポリエチレンの関連キーワード塩化ビニリデンクロロプレンビニル樹脂塩化エチレンビニルアリルエチレンプロピレンゴム共重合ポリエチレンテロマービニルエーテル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポリエチレンの関連情報