コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツェワン・アラプタン(策妄阿拉布坦) ツェワン・アラプタンTse-wang Araptan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツェワン・アラプタン(策妄阿拉布坦)
ツェワン・アラプタン
Tse-wang Araptan

[生]1665?
[没]1727
ジュンガル・ハン国第5代のハン (在位 1697~1727) 。姓はチョロス。 1697年抗争関係にあったガルダン (噶爾丹) の死後即位。西方経営に従事し,サマルカンドブハラからも貢納を取った。 1701年ボルガ・カルムイクの内紛に乗じ,王権を拡張。 17~19年チベットが清朝の保護下に入るのを恐れて遠征軍を送ったが失敗,20年和議を結んだ。同じ頃ロシア軍とも戦い,これを撃退。治世中ジュンガルの農業,工業,商業が栄え,ジュンガル王国全盛期をもたらした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ツェワン・アラプタン(策妄阿拉布坦)の関連キーワードガルダン(噶爾丹)ツェリン準部在位

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android