貢納(読み)こうのう

旺文社世界史事典 三訂版「貢納」の解説

貢納
こうのう

中世西ヨーロッパの封建社会において,領主支配下農民に課した生産物地代
世襲した農民保有地を耕作することを認めてもらう代わりにそこで収穫された作物の一部を納めるもの。時代が下がるにつれ労働地代である賦役よりも比重が高くなり,生産力の向上と貨幣経済進展の中で,徐々に貨幣地代に移行していった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「貢納」の解説

こう‐のう ‥ナフ【貢納】

〘名〙 みつぎものをおさめわたすこと。調。
※明六雑誌‐七号(1874)独立国権義〈森有礼〉「公法にて独立国と認る者は〈略〉其類大約三あり、即ち自由独立約束独立貢納独立是なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「貢納」の解説

こう‐のう〔‐ナフ〕【貢納】

みつぎものをおさめること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「貢納」の解説

【貢納】こうのう

進貢

字通「貢」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android