コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツェンバガ族 ツェンバガぞくTsembaga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツェンバガ族
ツェンバガぞく
Tsembaga

ニューギニアの東部高地山岳地帯一帯に住む民族。タロいも,ヤムいも,さつまいもなどの栽培と豚の飼育を行う焼畑農耕民である。言語は,非オーストロネシア語族のマリング語を使用する。いくつかの父系氏族から構成され,土地は氏族に応じて分割されている。カイコ Kaikoと呼ばれる豚殺しの儀礼を周期的に行うことで知られ,戦闘時に塩漬の辛い豚を食べ,そのあと水を飲んではいけないというタブーがある。ツェンバガ族の存在が外部世界に知られるようになったのは,1950年以降のことであり,ツェンバガという名称は,60年以降に使われるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ツェンバガ族の関連キーワードニューギニア

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android