ツェンバガ族(読み)ツェンバガぞく(英語表記)Tsembaga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツェンバガ族
ツェンバガぞく
Tsembaga

ニューギニアの東部高地山岳地帯一帯に住む民族。タロいも,ヤムいも,さつまいもなどの栽培と豚の飼育を行う焼畑農耕民である。言語は,非オーストロネシア語族のマリング語を使用する。いくつかの父系氏族から構成され,土地は氏族に応じて分割されている。カイコ Kaikoと呼ばれる豚殺しの儀礼を周期的に行うことで知られ,戦闘時に塩漬の辛い豚を食べ,そのあと水を飲んではいけないというタブーがある。ツェンバガ族の存在が外部世界に知られるようになったのは,1950年以降のことであり,ツェンバガという名称は,60年以降に使われるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android