コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩漬 しおづけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩漬
しおづけ

食品の保存法の一つ。塩の防腐性を利用して食品を塩に漬ける。動物性植物性のあらゆる食品に適用され,動物性食品の場合は,特に塩蔵ともいう。一般に即席漬と下漬がある。即席漬は,菜類,うり,キャベツなどの野菜類を薄い塩水 (2~5%) に短期間漬けて食用にするもので,冬季にはこの程度の塩分でもかなり保存がきく。味つけのためこんぶ,唐辛子などを添えることが多い。下漬は,福神漬奈良漬味噌漬などの加工漬物原料や魚介類をかなり長い間貯蔵するため,濃い塩分 (10~15%) に漬け,雑菌を抑え組織の軟化を防ぐために行われる。塩漬に貯蔵性があるのは食塩の次の性質による。 (1) 塩分が濃くなると,酸素が溶けにくくなるので好気性菌が発育しにくい。 (2) 塩素イオンの防腐効果。 (3) 酵素作用の阻害。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しお‐づけ〔しほ‐〕【塩漬(け)】

野菜・魚・肉などを塩で漬けること。また、その漬けたもの。
値上がりを予想して買った株式が値下がりしたため値上がりを期待して長期間その株式を売らずに保有すること。
《漬け物は、できるまでそのままにしておくところから》動きのない状態。また、動けない状態。「多額の資金が塩漬けになる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

塩漬の関連キーワードベーコン(豚肉の加工品)カッターキュアリング法エマルション塩漬法フェイジョアーダなれずし(熟鮨)オーバーキュア混合プレスハム亜硝酸カリウムサイドベーコンすし(鮓/鮨)スケトウダラ小肉片塩漬法柴漬(漬物)アイスバイン塩水注射器ソーセージバフンウニしょっつる温加塩漬法ブローター

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塩漬の関連情報