コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツガルウニ ツガルウニ Glyptocidaris crenularis

2件 の用語解説(ツガルウニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツガルウニ
ツガルウニ
Glyptocidaris crenularis

棘皮動物門ウニ綱稜歯目フィモゾマ科。殻径 2.5~8cm。殻が低いのが特徴で,殻高は殻径の半分程度。殻は橙黄色で,殻表にあずき色のいぼが並ぶ。大棘は淡褐色で,先はとがらない。産卵期は2~4月。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツガルウニ
つがるうに / 津軽海胆
[学]Glyptocidaris crenularis

棘皮(きょくひ)動物門ウニ綱ホンウニモドキ科に属する海産動物。小石混じりの浅海底に産する淡褐色の中形ウニ。殻径5~7センチメートル、棘長3センチメートルぐらい。棘(とげ)の付け根部分が目だった暗赤色を呈する。普通、食用にはしない。産卵期は早春。北海道沿岸と東北地方、中国北部、黄海方面の浅海に分布する。本種は系統的に古いグループに属し、近縁の化石種は多いが、現生のものは1属1種のみが知られる。口器の上生骨対が接着しないことと、棘基部に襟(えり)部があることが著しい特徴である。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツガルウニの関連キーワードアカウニ棘皮動物サンショウウニ動物界もぞもぞ魚介類ウーモールディック孔隙ウミツボミ(海蕾)ナガウニ(長海胆)フクロウニ(袋海胆)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone