コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツッカーカンドル Zuckerkandl, Victor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツッカーカンドル
Zuckerkandl, Victor

[生]?
[没]1965
ドイツの音楽美学者。エネルギー説に基づき音楽の本質を力動的象徴とした。主著『音と象徴』 Sound and Symbol (1956) ,『音楽的思索』 Vom musikalischen Denken (64) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツッカーカンドル
つっかーかんどる
Victor Zuckerkandl
(1896―1965)

ドイツの音楽美学者。ウィーン大学に学ぶ。オペラ指揮者などを務めたのち、1940年渡米し、セント・ジョン・カレッジなどで教えた。美学者としては、音楽の本質を力動経験にみるエネルギー説をとるが、その力動性をゲシュタルト心理学的な考え方によって理論化した。音楽は力動的場における音の運動であり、力動性はこの力動的場のなかに置かれた音のもつ客観的特性であると考える。そして、この音と力動性の関係については象徴概念によって説明した。主著は『音と象徴』Sound and Symbol(1956)であり、ほかに遺作『音楽家としての人間』Man the Musician(1976)がある。[伊藤るみ子]
『渡辺護著『音楽美の構造』(1969・音楽之友社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

ツッカーカンドル

生年月日:1896年7月2日
ドイツ(オーストリア説あり)の音楽美学者
1965年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ツッカーカンドルの関連キーワード生年月日

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android