コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツノメガニ ツノメガニOcypode ceratophthalmus

1件 の用語解説(ツノメガニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツノメガニ
ツノメガニ
Ocypode ceratophthalmus

軟甲綱十脚目スナガニ科。砂浜の満潮線より上に深さ 30~50cmの穴を掘ってすむカニで,甲幅 5cm以上になる大型種。甲はやや横長の四角形で,前後に弱く湾曲する。甲面のやや後方,心域の左右に黒褐色の帯がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のツノメガニの言及

【スナガニ(砂蟹)】より

…釣餌に用いられる。甲が丸みを帯び,はさみ脚に発音装置がないミナミスナガニO.cordimana,眼柄の先に長い突起をもつツノメガニO.ceratophthalmusも相模湾以南で見られるが,スナガニよりも南方系で,インド洋まで広く分布している。【武田 正倫】。…

※「ツノメガニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone