ツバサハゼ(英語表記)Rhyacichthys aspro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スズキ目ツバサハゼ科。全長 25cmになる。体はやや長く,頭部は縦扁し,後方は側扁する。胸鰭は大きく,扇状。腹鰭は吸盤状ではないが,岩によく吸着する。体色は暗褐色で,腹面は白い。インド洋太平洋の熱帯域に分布し,日本では石垣島と西表島から知られている。海と川の間を移動するが,成魚は河川上流の流れの速いところに棲息している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android