ツマムラサキマダラ(読み)つまむらさきまだら(英語表記)striped blue crow

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツマムラサキマダラ
つまむらさきまだら
striped blue crow
[学]Euploea mulciber

昆虫綱鱗翅(りんし)目マダラチョウ科に属するチョウ。西はインドから東はフィリピン、セレベス島、フロレス島、スンバ島にわたって東洋熱帯に広く分布し、多くの亜種に分けられる。日本では琉球(りゅうきゅう)諸島でしばしば台湾からの迷チョウが発見されるが、九州以北でみつかることは珍しい。はねの開張80~90ミリメートル。はねの地色は黒褐色、前ばねの外半は紫色に光り、雌では後ろばねに多くの白条がある。幼虫の食草はクワ科のFicus属(イチジクの仲間)の植物である。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android